So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

新しいブログを始めました [その他の話題]

前回、書いていてましたが、やっと新しいブログをはじめました。

歌の録音編集は、ケーナとは違う難しさがありました。
なにより、一つのパート3回歌うとしても3パートで9回、4パートあると12回最低歌うので、時間がかかります。やり直しを含めて2時間くらい歌って、のどが痛くなりました。

ということで、新しいブログ「合唱団ひとり」をよろしくお願いします。

http://akyluky-hamo.blog.so-net.ne.jp/

最後の曲リストです [使い方]

ケーナ(アルトリコーダー)用のカラオケを3年弱作ってきました。
ここで、作ってきたカラオケのリストを最後に掲示しておきます。ここのブログとカラオケその他を収納しているSkyDriveはしばらくそのままにしておくので、引き続き演奏を楽しんでいただければと思います。

曲のリストで番号を確認していただき、下記のアドレスをクリックして開いたページからダウンロードできます。

https://skydrive.live.com/#cid=CF0FD2AF5ED9DCC1&id=CF0FD2AF5ED9DCC1%21105

○○○○KRAというのがカラオケファイル、○○○○MIXはケーナの演奏、SCRと付いているのがFinaleファイルです。Finaleファイルについては下のアドレスの方を見てください。無料のソフトをインストールしていただく事で編集や印刷ができます。(Finaleは演奏するときに前に立てて見るあれを作るソフトです)

使い方の説明は下記の記事に詳しく書いています。

http://ackylacky.blog.so-net.ne.jp/2012-09-11

1001 トイレの神様          1002 Departuers         1003 晴れたらいいね
1004 フール・オン・ザ・ヒル     1005 イエスタディー       1006 ペニー・レイン
1007 レット・イット・ビー     1008 ストロベリー・フィールド  1009  子守女のブルース
1010  谷間の唄         1011 世界一ごはん       1012 Can You Keep A Secret
1013 エヴァ            1014 ファーストラブ       1015 キャンディーキャンディー
1016 ダイク            1017 ありがとう           1018 栄光の架橋
1019 アディクッド・ツウ・ユウ  1020 明日天気になぁれ  1021 あの素晴らしい愛をもう一度
1022 エル・エコ          1023 残酷な天使のテーゼ    1024 桜(コブクロ)
1025 レーザービーム      1026 ポリリズム          1027 海の見える街
1028 イエローサブマリン    1029 Soy De La Puna      1030 いい日旅立ち
1031 バイバイ・マイ・ラブ    1032 壊れかけのRadio      1033 エール
1034 茜色の約束         1035 茜色の約束、リコーダー  1036 恋に落ちて
1037 雪の華            1038 ブェラティ           1039 崖の上のポニョ
1040 ラブ              1041 かえり船Bb管         1042 かえり船C管
1043 月のしずく          1044 太陽がいっぱい     1045 あなたに会えてよかった
1046 ゲゲゲの鬼太郎      1047 ジェレソミーナ         1048 夜が明けて
1049 みだれ髪          1050 ひこうき雲      1051 ひこうき雲、リコーダー
1052卒業写真          1053レッツゴー陰陽師      1054ムーンリバー
1055にんじゃりばんばん    1056旅の宿            1057上を向いて歩こう
1058ルパン3世のテーマ  1059コクリコ坂より歌集より旗  1060サイダーサイダー
1061虹               1062道ーEXILE       1063ハワイの結婚の歌
1064チョコレート・ディスコ  1065クラリネットこわしちゃった  1066落陽

2001  ハナミズキ           2002  戦場のメリークリスマス  2003  風の通り道
2004  ハッピークリスマス      2005  涙そうそう        2006 アメージング・グレース
2007  黄河紀行            2008  やさしさに包まれたなら  2010  シルクロード
2011  コンドルは飛んでいくエレクトロ版 2012  風とケーナのロマンス 2013  花祭り
2014  もののけ姫           2015  灰色の瞳           2016  青春の影
2017  エスペランサ      2018  コンドルは飛んでいくフォルクローレ版  2019 神田川
2020  小さな世界           2021  サリーり            2022  中国女
2023  ライディーン          2024  なごり雪            2025  風になる
2026  二羽の小鳩          2027  ティルカラ           2028  童神
2029  さくら独唱          2030  春よ、来い    2031 スターウォーズ帝国軍のテーマ
2032  SAKURAドロップス      2033  桜坂              2034  リャマの道
2035  太陽の乙女たち        2036  Fiercraker          2037  テルーの唄
2038  さんぽ              2039  サンタ・クルス        2040  22歳の別れ
2041  島唄BOOM           2042  セーラー服と機関銃    2043  さよならの夏
2044  エル・ミラグロッソ        2045  人生のメリーゴーランド  2046  大きな古時計
2047  琵琶湖周航のうた       2048  夏の思い出         2049  浜辺の歌
2050  夏は来ぬ             2051  花よ花よ          2052  私を忘れないで
2053  つけまつける           2054  イムジン河         2055  ひだまりの歌
2056  おどるポンポコリン       2057  雨にぬれても        2058  君をのせて
2059  魅惑のワルツ          2060  少年時代           2061  ノスタルジア

新しいブログは、コーラスと私のお絵かきを中心にしようと計画してます。
準備が出来ましたら、ここでも紹介させてもらいます。新しいブログもよろしくお願いします。

「落陽」を吹いてみた [カラオケ11]

吉田拓郎の「落陽」をお送りします。
3年弱、ケーナ用のカラオケを作ってブログで発表してきましたが、この曲で最後にします。
絵を画きたいのと、歌ものの録音をしたくなってきました。
仕事と趣味の両立は、だれでも時間が取れないものですが、同時に全部するのは不可能なので、しばらくケーナはお休みにします。

吉田拓郎は、前に「旅の宿」をしましたが、そのときにこれも今度してみようと考えていた曲です。
フォークブームというのが昔ありました。私が中学生ころだったと思います。
中学の同級生でギターを弾いていた子がいましたが、ちょっと大人に見えました。



さて、カラオケですが、サックスやアコーディオンを使って古い感じを出しました。「そのころのテレビの歌番組音がこんな感じだったかな?」と思ってもらうように。アレンジ自体は全然違うのですけれど。

演奏は難しくはないですけど、早口言葉のような歌詞ですから音符を全部区切らず、適当につないで吹きましょう。速めに吹いてちょっと待つくらいが、吉田拓郎の歌い方に近いかなと思います。

考えてみれば、最近では早口言葉のような歌詞は珍しくなくなりましたが、拓郎以前には無かったように思います。そんなところが新しかったのかもしれません。

それでは、聴いて下さい。「落陽」です。



↓、繰り返し記号がはいっていませんが、3回演奏してくださいね。

1066JPG1.jpg

スマホなどでは、ここのプレーヤーで聴けないことがあるようです。その時は下のアイコンをクリックしてダウンロードして聴いて下さいね。



カラオケとFinaleのファイルは下のアイコンをクリックするとダウンロードできます。




ダウンロードのしかたと使い方はリンクの記事に書いてます。
※Finaleファイルとは? 演奏するとき見るあれのことです。

http://ackylacky.blog.so-net.ne.jp/2012-09-11


クラリネットこわしちゃった [カラオケ11]

仕事の話なんですが、福祉施設で働いているので、童謡などをみんなで歌うことが時々あります。
ギターやキーボードが弾ける職員が何人かいるのですが、シフトの関係で必ずいるとは限らないので、カラオケを作る事にしました。

何曲か作ったのですが、「クラリネットこわしちゃった」はその中で比較的長いのでケーナでも吹いてみました。

カラオケは、普通と違った感じにしたくて、シンセ系の音源で作りました。イントロの音痴なクラリネットもARPというシンセサイザーの音です。楽しく歌えるようにリズミカルな伴奏になってます。

曲はだれでも知っているものです。演奏は簡単なんですが、歌うとなるとわざと音程を外した音を入れたので、つられないように歌うのは結構むつかしいですよ。

前回からオーディオインターフェースを代えたのですが、音作りの点でまだ試行錯誤してます。前の環境ではすでにいくつかのテンプレートを作っていて選んで微調整するだけだったのですが、一から作るので時間がかかります。

それから、今回は木製のケーナにしてみました。YAMAHA製なんですが中低音はリコーダーに近い音がでます。では聴いて下さい。



1065JPG1.jpg1065JPG2.jpg

スマホなどでは、ここのプレーヤーで聴けないことがあるようです。その時は下のアイコンをクリックしてダウンロードして聴いて下さいね。



カラオケとFinaleのファイルは下のアイコンをクリックするとダウンロードできます。




ダウンロードのしかたと使い方はリンクの記事に書いてます。
※Finaleファイルとは? 演奏するとき見るあれのことです。

http://ackylacky.blog.so-net.ne.jp/2012-09-11


チョコレートディスコを吹いてみた [カラオケ11]

前回をアップしてから無性にテクノをやりたくなりました。
ということで、Perfumeの「チョコレートディスコ」です。



SampleTank用の昔のシンセサイザー音源があるのですが、これがいい音するんです。

今は、パソコンの中だけで音楽を作れて便利なのですが、やはり実機を鳴らして録音する方がいいという人は多いです。確かにソフトシンセだけで作ると曲に厚みがなくなります。

デジタル信号を人間は直接聞くことはできなくて、A/Dコンバーターでアナログ信号に変え、アンプで増幅しスピーカーを鳴らして、初めて耳にとどきます。そういった過程も音作りの大切な要素なんです。

ソフトシンセがあるのになんでシンセのサンプル音源を使うのか?
一度、ハードのシンセを鳴らしてアナログ信号にしたものを、再度録音しているので音の存在感が変わっているんです。
ソフトシンセの音と違う存在感の音が入るので曲全体に厚みが出るのです。

いきなり、超マニアックな話で失礼しました。

ということで、カラオケはシンセ系だけで作ってます。

ケーナの方は、同じフレーズの繰り返しが多いのでおぼえやすいと思います。自分で吹いてみて原曲よりゆっくりの方がいいような気がして、少しテンポを落としましたが、指はやはり速いですね。

あと、オーディオ・インターフェースも代わってます。
RolandのQuadCatureにしました。DTMでよく使われているもので評判もよいです。これが中古で出ていたので買いました。
録音して聞いてみると、音の解像度がよくなりました。しかしケーナのトラックに差しているエフェクター類は同じというわけにはいかず、一から作り直しました。まだちょっと納得のいかない音ですね。もう少し詰めなくては。では聴いて下さい。



ときどき書いてますが、↓は自家製ですので正確なものではありません。参考程度に。

1064JOG1.jpg1064JPG2.jpg

スマホなどでは、ここのプレーヤーで聴けないことがあるようです。その時は下のアイコンをクリックしてダウンロードして聴いて下さいね。



カラオケとFinaleのファイルは下のアイコンをクリックするとダウンロードできます。



ダウンロードのしかたと使い方はリンクの記事に書いてます。
※Finaleファイルとは? 演奏するとき見るあれのことです。

http://ackylacky.blog.so-net.ne.jp/2012-09-11

前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。